【試合結果】第42回四国社会人サッカーリーグ第8節 vs KUFC南国【H】

2018年06月24日 11:00 KICK OFF @東部運動公園 人工芝

多度津フットボールクラブ   KUFC南国
0
0前半0
0後半1
延長前半
延長後半
PK戦
1

得点者(アシスト者)

48分 三田拓人【KUFC南国】

警告・退場

【警告】後藤祥基【KUFC南国】
【警告】山中誠晃【KUFC南国】

先発

ポジション 背番号 選手名
GK 1 川尻慶太
DF 6 緒方俊寛
DF 22 白井辰輝
DF 25 赤木達也
DF 15 中村優仁
MF 4 黒田慎一郎
MF 7 萬條智哉
MF 8 大山泰雅
MF 28 寺村海信
MF 18 藤本拓真
FW 10 三原圭太

控え

ポジション 背番号 選手名
GK 39 石井颯人
GK 24 三木和也
DF 14 堀金祐治

選手交代

OUT IN
9分 22 白井辰輝 14 堀金祐治

四国社会人サッカーリーグ第8節
対戦相手はKUFC南国。
四国リーグも前期日程が終了し今節から折り返しの後期日程となる。
前期日程を3勝1分3敗で折り返した多度津FC、後期は1つでも前期を上回れるよう全力を尽くしたい。
しかし、多度津の台所事情が苦しい、社会人チームなので日曜日に仕事を抱えている人、学校の先生、家族行事等優先しなければいけないものはある。常にベストメンバーを組めないのは理解しているし、今日居るメンバーが誇りを持って戦うのみ。
多度津の先発は、GK①川尻、DFに⑥緒方、⑮中村、㉒白井、㉘寺村、MFに④黒田、⑦萬條、⑧大山、⑱藤本、㉕赤木、前線に⑩三原の布陣。㉕赤木、㉘寺村は今季初先発。
今年初めてクーリングブレイクが設けられたこの試合、KUFC南国のキッキオフで試合開始。
開始早々多度津にアクシデント、㉒白井がベンチに×印を出す。続行不可能。開始9分㉒白井が負傷交代、⑭堀金が入る。
前半11分、KUFCのCK、中央に入れられたボールにうまく合わされるがボールは枠をの外。
14分、左サイドからのアーリークロスをダイビングヘッドで合わされるが枠の外、ヒヤリとさせられる。
多度津の反撃、16分、④黒田のクロスを⑩三原が後ろ向きに落とすと走り込んできた⑦萬條がミドルで狙うがシュートはGKに防がれる。
続く19分、エリア左角付近からFKのチャンス、キッカーは⑦萬條、萬條は狙いすまして直接ゴールを狙うがボールは僅かに枠の上。
今季初のクーリングブレイクタイム。この季節がやってきた。クーリングブレイクが入ることにより試合を前半、後半ではなく22.3分の4ピリオド制の様な試合展開になる。今日の様に短い時間を集中しながら戦う事もできるし勢いが途切れることもある。これから暑くなるので確実に設けられるこの制度を上手く使いたい。
試合再開。
両者一進一退の攻防を展開するがチャンスを掴めない。
36分、④黒田が⑧大山にパスを入れると大山がダイレクトで落とす、⑦萬條が再びミドルで狙うが枠を超えた。
前半はこのまま終了。
後半開始。
立ち上がりを集中したいが後半開始早々の48分、中央に入れられたボールをクリアするがエリア外に溢れたボールに反応した相手選手がダイレクトで強烈なスーパーミドル、①GK川尻も1歩も動けずゴールに吸い込まれる。多度津先制点を許す。【0-1】
多度津は切り替えてまずは同点を目指す。
63分、この日何度も右サイドを駆け上がりチャンスを伺う㉕赤木がゴール前に低いクロスを入れると⑱藤本が懸命にニアに飛び込むがあと一歩のところで合わない。
頭を抱えるベンチ陣。
後半のクーリングブレイクタイム。選手は集中している。
急遽出場となった⑭堀金も流石の安定感で最終ラインを⑥緒方と支える。
ラスト約20分、多度津は勝負に出る。
右サイドバック⑮中村を前に上げ攻撃に比重を置く。
80分、④黒田ー⑧大山ー⑩三原と繋ぎ右サイドバックの位置からオーダーラップしてきたフリーの㉕赤木にラストパス、赤木は迷わず右足を振り抜くが懸命に戻ってきた相手DFが決死のブロック。
82分、前がかりになる多度津はボールを奪われカウンター、ラストパスがゴール前フリーの選手に渡り絶体絶命のピンチ、「終わった」と一瞬思ったが、GK①川尻が懸命に身体を投げ出しこのピンチをスーパーセーブで弾き出す。
後半アディショナルタイム、エリアラインギリギリの所で倒される。「PK!!?」かと思ったが僅かにラインの外。多度津ラストチャンス。⑱藤本、④黒田がセットしたボールの横に立つ。直接か中で合わすか、右なら藤本、左なら黒田、エリア内に全員が入る。⑱藤本が直接狙った!!。ボールは壁を超えかけたが相手選手に当たりコースが変わるがゴールに向かっている。GKは見送るだけ、だがボールはほんの僅かクロスバーの上を通過した。惜しい!!。まだCKが残っている。選手は全員エリア内に残ったまま。最後のチャンス。藤本の入れたボールに全員が飛び込むがKUFCがこれをクリア、そしてこのまま試合終了、あと一歩の所が出ず黒星スタートとなった。

少ない人数で懸命に戦いましたがあと少しが届かず敗戦となりました。
結果はついて来ませんでしたが今後に繋がる試合だったと思います。
これから暑くなりまだまだ連戦が続きますが残りの試合、1つでも上位を目指し戦いたいとお思います。
本日もたくさんの応援ありがとうございました。